BACK HOME


 カ ンパニーDeux

 

《沿革》
ダンスカンパニーDeuxは、調布市を拠点とする現代舞踊 のカンパニーであり、
1988年6月、山名たみえ(現・芸術監督)・冴山幸博(現・制作)により設立された。
 活発に行っている自主公演には、芸術の向上・発展・普及を目的とした「山名たみえ
ダンスフレグランス」シリーズ、若手舞踊家の育成を目的とした「NOVAS」プロジェクト、
異ジャンルアーティストとのコラボレーションで実験的舞台を試みる「Vibrate」公演 等がある。
現在、中堅振付家として、山名が国内外での依頼公演も多数行う一方で、ダンスを
身近に触れてもらうことを目的とした無料公演を地元で定期的に開催。 
また、特別講師として学校へ招かれる等、舞踊活動を通して芸術文化の底辺を
広げる活動をすると共に後進の育成を目指している。

山名たみえ(やまな たみえ)プロフィール

東京学芸大学在学中より藤井公・利子の下でダンスを 学び、東京創作舞踊団にて活躍後、独立。 
特に、‘99文化庁派遣芸術家在外研修員として1年間の渡仏後は、自らもダンサーとして参加しながら、
現代を鋭く見つめたテーマを、ダンサーの肉体と豊富なアンサンブルとで語る創作活動に専念。
現在、多くの受賞暦と共に注目される舞踊家の一人である。
《主な受賞歴》
1993年 第7回埼玉国際創作舞踊コンクール最優秀賞  作品「最後の手紙」
1999年 第56回東京新聞全国舞踊コンクール創作部門 第1位 
作品「枯れて行く点景・・・顔・・・」
文部大臣奨励賞・東京都知事賞・石井漠賞 他 
同年    調布市市制功労者賞(芸術文化部門)
2001年 現代舞踊協会制定 群舞奨励賞  作品「Weathering」
2003年 第58回文化庁芸術祭 新人賞   作品「We came crying here」振付   等

 

       

        カ ンパニーDeux活 動記録

          1988年 6月 カンパニーDeux第1回公演開催 
1990年 8月 カンパニーDeux第2回公演開催 (尺八演奏 三橋貴風)
1991年 9月 カンパニーDeux第3回公演開催 (琵琶曲 半田淳子)
1993年 11月 カンパニーDeux第4回公演開催 (三味線演奏 梅若清瑛)
1995年 9月 カンパニーDeux第5回公演開催 
1999年 9月 カンパニーDeux第6回公演開催 「YAMANA TAMIE Dance Fragrance’99」
2000年 10月 カンパニーDeux 第7回公演開催 「YAMANA TAMIE Dance Fragrance’2000」
2001年 10月 カンパニーDeux 第8回公演開催 「YAMANA TAMIE Dance Fragrance’01
2002年 10月 カンパニーDeux 第9回公演開催 「YAMANA TAMIE Dance Fragrance’02」
2003年 10月 カンパニーDeux 第10回公演開催 「YAMANA TAMIE Dance Fragrance’03」
          (上演作品振付について文化庁芸術祭新人賞受賞)
2004年 10月 カンパニーDeux 第11回公演開催 「NOVAS」
2005年 12月 カンパニーDeux 第12回公演開催 「YAMANA TAMIE Dance Fragrance’05」
2006年10月 カンパニーDeux 第13回公演開催 「Vibrate」
          カンパニーDeux 第14回公演開催 「NOVAS」
2007年10月 カンパニーDeux第15回公演開催「YAMANA TAMIE Dance Fragrance’07」
2007年10月 カンパニーDeux第16回公演開催「ダンスカンパニーDeux結成20周年記念公演
2008年 3月 
カンパニーDeux第17回公演「Vibrate」



BACK  HOME